HOME相建の取組みについて > 相建マガジン

相建の取組み

その廃棄建材に石綿は含まれていますか?2016-04-05

いつも弊社のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

また、格別のお引き立てにあずかり厚くお礼申し上げます。

 

 さて、弊社では犬山市での中間処分業以外にも、豊田市内にて最終処分場(安定品目:がれき類、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず)を運営・管理しております。

 

 安定品目の中には、石綿含有の建材も多く含まれます。この石綿含有建材の石綿は、1970年代後半から1980年代にわたって輸入され、建材として建築物に多く使われてきましたが、今後それらの建築物の耐用年数が過ぎて、解体・改修工事の増加が予想されます。 

 建築物の解体工事等においては、労働安全衛生法(石綿障害予防規則)をはじめとする関連法を遵守し、適切な石綿ばく露対策が重要になってきます。 

 

 弊社でも商談の際に石綿含有の有無をお聞きしておりますが、発生状況によっては確認出来ない事もあります。設計図書等により調査し、判断出来ない場合には、分析などをお願いいたします。

 

 下記に石綿含有の建材の種類及び製造時期の資料を挙げてあります。

製造時期や種類により、含有の確認にご活用ください。

 

 本資料を工事現場で活用していただくことにより、アスベストの飛散・ばく露防止及び適正処分に役立てていただければ幸いです。

 

 

相建の取組み

相建の取組みについて
相建コラム
よくある質問
公開資料

バックナンバー

最近よく読まれた記事

標準料金表

INFORMATIONの詳細を見る

相建 本社
名古屋市東区東桜1丁目10-24
栄大野ビル7階
TEL:(052)973-0501
FAX:(052)973-0502
犬山事業所
愛知県犬山市楽田山ノ田4-40
TEL:(0568)69-5888
FAX:(0568)68-3381
リサイクル促進センター
愛知県犬山市字樋池2-15

ページトップへ戻る